rogopipis

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 
 

 

 

マイクロフィルム

 

マイクロフィルム作成のメリット

 

<長期保存>

 

1992年にマイクロフィルムの長期保存の条件が国際標準化機構ISO 5466として

規定され、ISOで定める標準環境下の場合PET500年といわれています。

また、電子記録メディアの移り変わりの早い近年、現在使用されている

データフォーマット等が数十年後も使用可能かどうかの保証がありません。

多数の記憶媒体の中ででマイクロフィルムは長期的な情報保存方法として

重要な記録メディアといえます。

 

 

<法的証拠能力>

 

原図をそのまま複写したものであり、原図を改ざんすることが出来ないため

法的証拠能力に非常に優れています。

 

 


マイクロフィルム作成について

 

  maikuro_zu